• 発毛と育毛と増毛の違いとは

    薄毛に悩む人にとって、どんな方法で薄毛を改善するかは非常に気になるところと言えますが、発毛と育毛と増毛の違いをご存知でしょうか。


    そこで、それぞれの特徴やメリットやデメリットについて考えてみましょう。



    人間の髪の毛にはヘアサイクルというシステムがあり頭皮で成長して伸びてある程度の長になったら成長が止まり、やがて抜けていくというサイクルを繰り返しているのですが、それを何らかの方法でサポートをしていくのが発毛や育毛とされています。
    発毛の方法としては、専門の医療機関などでミノキシジルやプロペシアなどの発毛薬などの投薬治療を行ったり、育毛メソセラピー、自毛植毛などの方法があります。

    育毛の方法としては、頭皮環境を良くするために頭皮マッサージを行ったり、頭皮に良いとされる成分を塗布したり、髪の毛の成長に良いとされる食材を積極的に食べていくのも育毛へとつながります。

    発毛の情報が豊富です。

    その一方で、増毛とは自身の髪の毛に人工毛を結び付けたり編み込んだりして髪の毛のボリュームをアップしていく方法です。

    即効性が高く、同窓会やデートなどで緊急に髪の毛のボリュームをアップさせたいと考えているのであればすぐにアップすることが可能です。



    ただ、自分の髪の毛が増えるわけではなく、結び付けた人工毛も取れてしまう可能性がありますので定期的にメンテナンスを行う必要があります。
    このように、一見同じようなことに見えても発毛と育毛、そして増毛は少し異なるものですので、自分はどんな方法で薄毛を改善したいのかよく検討した上で行うのが望ましいと言えるでしょう。